三井住友カード

2007年12月28日

高額賠償事案判例

jiko3.jpg高額賠償事案判例

板橋区にあります保険代理店の田中です。

一般的に通常の交通事故によって発生する損害は、保険で十分支払がされる範囲であることがほとんどです。 人的損害に比べて、物的損害はそれほど大きくないと考えられがちですが、物的損害でも大きな賠償額が認められたケースがあります。
以下はその事例です。



<事例1> 認定損害額 被害物 事故状況
約2億6,000万円 積み荷 追突(高速道路)

積み荷をトラックに積んで走行中、追突後中央分離帯に乗り上げガードレールを突き破って対向車線に飛び出し、路肩に横転、出火炎上し積み荷(洋服・毛皮等)を焼失したもの。裁判所は、積み荷の損害額を約2億6,000万円と認定した。



<事例2> 認定損害額 被害物 事故状況
約1億1,000万円 電車 踏切内で列車に接触

最大積載量を超過する山砂を運搬していた大型貨物自動車が、踏切前で停車していた普通乗用車を認め、衝突を回避するためブレーキを踏んだが間に合わず、踏切内に進入して通過中の列車と衝突した事故。裁判所は、電車一両分の廃車費用、残り三両分の修理費、として約9,000万、復旧に要した人件費、代行輸送料他として約2,000万、合計で約1億1,000万円を損害として認めた。



他にも以下のように高額損害が認められた事例があります。

認定損害額 被害物 事故状況
約2,700万円 大型貨物車 玉突き
約1,500万円 大型貨物車 追突
約1,400万円 タンクローリー 出会い頭(信号無視)
約1,200万円 乗用車 出会い頭



電車等に接触した場合、電車自体の修理費が高額となるとともに、線路の復旧費用、代替輸送の費用等の請求が同時にある場合が多く、損害が高額化します。貨物車等に被害を与えた場合も、車両自身の損害のみでなく、当該車両が修理または代替する間の営業補償(休業損害)を行う場合があり、損害が高額化する傾向にあります。

人的損害でも1億円を超える高額賠償が認定されるケースも起きています。万が一のために、対物・対人賠償責任保険は十分な金額を設定して頂くと安心です。


posted by 田中 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

傷害保険のケガとは?

jiko2.jpg傷害保険のケガとは?

板橋区にあります保険代理店の田中です。

万一の際の「ケガ」(事故)を対象とするのが傷害保険です。だからといって、どんな「ケガ」でも対象とするわけではありません。

傷害保険の保険金のお支払い対象となる事故(ケガ)は、
「急激かつ偶然な外来の事故」によってケガをした場合に限られています。

この「急激性」、「偶然性」、「外来性」を「傷害保険の3要件」といい、この3要件をすべて満たしているかどうかで、 傷害保険の保険金支払いの対象になるかどうかを判断します。以下、3要件について詳しくご説明します。


■「急激性」とは?「突発的に発生すること」

「急激」とは、突発的に発生することをいいます。
つまり、原因となった「事故」から結果としての「ケガ」までの過程が直接的で、時間的間隔がないことを意味します。
したがって次のような事故は、傷害保険の保険金支払いの対象とはなりません。

・新しい靴でハイキングに行ったため、靴ずれをおこした。
・雪道を長時間歩いたため、しもやけになった。


■「偶然性」とは?「予知できない出来事」


「偶然」とは、予知されない出来事をいいます。
具体的な事例は、下表のとおりとなります。

○偶然であるもの
・ジョギング中、石につまづいて転倒し、足を捻挫した。
・道路通行中、落下してきた植木鉢が頭に当たりケガをした。
・海水浴中に高波にのまれて溺死した。
・キャッチボールをしていてボールを受けたとき、突き指してしまった。


×偶然でないもの
・外科的手術により、腹部を切った。
・(被保険者が第三者の行為に対して同意を与えていたことによるもの)自分からケンカをしかけ、逆に殴られてケガをした。
(第三者の行為が被保険者本人の挑発・刺激によるもの)



■「外来性」とは?「身体の外からの作用」

「外来」とは、ケガの原因が外からの作用によることをいいます。
具体的な事例は、下表のとおりとなります。

○外来の事故として認められるもの
・料理中に熱湯をこぼし、手をヤケドした。

・掃除中に棚から鍋が落ちてきて、頭を打った。
*
既往歴と因果関係がないものに限ります。



×外来の事故として認められないもの

・旅行先で盲腸炎にかかり入院した。
・炎天下でテニスをしていたため、日射病にかかり入院した。
・自殺をはかり、命はとりとめたが重傷を負った。


*
身体傷害にはケガのほか、有毒ガスなどによる急性中毒(身体外部から有毒ガスまたは有毒物質を偶然かつ一時に吸入、吸収または摂取したときに急激に生じる中毒症状をいいます)を含みます。
ただし、細菌性食中毒およびウィルス性食中毒については、保険金支払いの対象となりません。


ラベル:傷害保険
posted by 田中 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 傷害保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険

jiko.jpg人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険

板橋区にあります保険代理店の田中です。
ご契約のお車に搭乗されている方が自動車事故で死傷された場合の補償にはどのようなものがあるのでしょうか。

自動車事故におけるリスクを考えると、他人への損害賠償の補償もさることながら、ご自身や同乗者のケガに対する補償も心配ですよね。


過失割合に関係なく、みなさんのこのような損害を補償する主な保険には 「人身傷害補償保険」と「搭乗者傷害保険」があります。

搭乗者傷害保険は損害の程度に応じてあらかじめ定められた一定額をお支払いする保険であるのに対し、人身傷害補償保険は実際にかかった治療費、休業損害等を保険金額を限度に受け取れる保険です。

また、一般的に、人身傷害補償保険の方が補償範囲が広くなっています。それぞれの補償内容は、以下の通りとなります。


■人身傷害補償保険
1.補償範囲
ご契約のお車に搭乗中の方が、自動車事故により死亡されたり、傷害や後遺障害を被った場合に保険金を受け取れます。また、保険証券記載の被保険者(=記名被保険者)及びご家族については、ご契約のお車以外の車に搭乗中(*1)や歩行中に自動車事故により死傷された場合も補償の対象となります。(*2)

*1ご家族の方が所有、または主として使用するお車に搭乗中の場合は対象外です。
*2ご契約の内容によっては、ご契約のお車に搭乗中の事故のみが対象となる場合があります。


2.保険金のお支払い方法
ご契約の保険金額の範囲で実際の損害に応じて受け取れる「実損払」となります。したがって、加害者から賠償金の支払いがあった場合は、保険金からその額が控除されます。保険金支払いの対象となる項目は被害の程度などによって変わってきますが、おおむね以下のとおりとなります。

・死亡の場合→逸失利益+精神的損害+葬祭費 等

・後遺障害の場合→逸失利益+精神的損害+将来の介護料(介護が必要な場合のみ) 等

・傷害の場合→治療関係費+精神的損害+休業損害(発生する場合のみ) 等



■搭乗者傷害保険
1.補償範囲
ご契約のお車に搭乗中の方が、自動車事故により死亡されたり、傷害や後遺障害を被った場合に保険金をお支払いします。一定の額を受け取れる「定額払」の保険です。

2.保険金のお支払い方法
・死亡の場合→ご契約の保険金額を受け取れます。

・後遺障害の場合→ご契約の保険金額に後遺障害の程度に応じた一定の割合を乗じた額を受け取れます。

・傷害の場合→入通院の日数に応じた金額を受け取れる「日額定額払方式」と、傷害の部位および症状に応じた金額を受け取れる「部位・症状別定額払方式」があります。



■「日額定額払方式」と「部位・症状別定額払方式」どっちがお得?

1.「日額定額払方式」
事故受傷日から 180 日間を限度に、保険金額 1000 万円で
入院 1 日/ 15000 円、通院 1 日/ 10000 円の支払いとなります。


2.「部位・症状別定額払方式」
・入・通院日数が5日以上になった場合に、傷害の部位や症状に応じて部位・症状別テーブルに定められた額を「入通院給付金」としてお治療中であっても保険金をスピーディーに受け取ることができます。
・医師の治療を受けた場合に、入・通院日数を問わず、一律1万円を「治療給付金」として受け取れます。

◆部位・症状別テーブル(抜粋)
症状 ・ 頭部 ・ 眼および歯牙をのぞく顔面部
打撲・擦過傷、挫傷または捻挫 ・ 5万円 ・ 5万円
挫創または挫減創 ・ 15万円 ・ 5万円


入通院を長期間した場合は、「日額定額払方式」の方が保険金を多く受け取れますが、受け取れるのは入通院が終わってからになり「部位・症状別定額払方式」より保険料が高めです。また、「日額定額払方式」を選択する場合、年齢条件が35歳以上担保を選択できなかったりなど、条件が悪くなる場合が多いようです。

自動車事故におけるリスクについて、最近では、対人・対物も無制限が当たり前の時代、これからは、ご自身や家族のケガに対する補償も
万が一の事故で被害者となった際に手厚い補償が受けられるよう、ご契約の内容を確認をしてみましょう。






posted by 田中 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

高額賠償事案判例(人身事故)

高額賠償事案判例(人身事故)

板橋区にあります保険代理店の田中です。
交通事故(人身事故)は、時として高額の医療費、後遺障害による介護費用などを生じさせ、当事者に想像以上の大きな損害をもたらす場合があります。

今回は、人身事故の高額損害事例とともに、万が一に備えた「自分自身の補償」という観点から、人身傷害補償型自動車保険(以下、人身傷害補償保険と記載)についてご紹介します。



1.交通事故による人的損害とは交通事故による「人」の損害の内訳は、基本的には以下のとおり考えられています。

損害の種類 内容
積極損害 ■事故により現実に費用がかかった損害
・治療費、通院交通費、葬儀費用など

消極損害 ■事故によって失った得べかりし利益
・死亡や後遺障害によって得られなくなった収入(逸失利益)

精神的損害 慰謝料



2.高額損害事例
判例では、以下のように、介護を要する重度の後遺障害、死亡の場合を中心に非常に高額の損害が認められるケースが見られます。

認定損害額 性別・年齢 職業 損害
約3億1,200万円 女性・21歳 会社員 後遺障害
約2億9,700万円 男性・40歳 会社役員 後遺障害
約2億9,680万円 男性・20歳 専門学校生 後遺障害
約2億3,600万円 女性・30歳 大学講師 後遺障害
約2億2,000万円 男性・39歳 医師 死亡
約1億9,200万円 女性・25歳 主婦 後遺障害



3.備えは万全ですか?
上記のようなケースにまで至らなくても、特に後遺障害、死亡の場合には高額の損害が生じることが多く、交通事故が当事者に多大な経済的損失を与える可能性を持っていることがうかがえます。万が一に備え十分な保険金額の設定をお勧めします。

また、誰もが加害者側にも被害者側にもなりうる点も交通事故の恐ろしさと言えます。そこで今回は、万が一の事態に備えるために「自分自身の補償」について考えてみることを是非お勧めします。


4.人身傷害補償保険について交通事故を起こしてしまい、他人にけがを負わせてしまった場合は対人賠償保険で損害賠償責任を果たすことができますが、自分自身のけがはどうでしょうか?
相手に責任がなく賠償してもらえない場合や、当て逃げ・ひき逃げなどで相手が不明の場合、交通事故の被害にあったが賠償義務者が自動車保険に加入しておらず十分な補償を受けられない場合があります。

そのような時に役に立つのが人身傷害補償保険です。人身傷害補償保険とは、一定の条件のもと、被保険者が被保険自動車に搭乗中、他の自動車に搭乗中、歩行中や自転車運転中に自動車事故で受傷した場合などに、被保険者の過失分も含めて被害に遭われた損害を補償する保険です。

人身傷害補償保険と一口に言っても、被保険者の範囲や担保範囲が契約によって異なったり、契約方式も、自動車保険に自動付帯されている場合もあれば、特約により付保する方式など様々です。
この機会に、ご自身の自動車保険に人身傷害補償保険が付帯されているかどうか確認してみてはいかがでしょうか。
posted by 田中 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

火災保険ご加入のポイント

kasai.jpg火災保険ご加入のポイント

板橋区にあります保険代理店の田中です。
火災保険ご加入のポイントについてご説明します。


一戸建住宅・分譲マンション・賃貸共同住宅などにお住まいの個人のお客さま向けにご加入時のポイントをご紹介します。


チェック項目
チェックのポイント

(1)何に保険をつけますか。

まず、保険の対象を何にするかを決定する必要があります。
一戸建住宅、分譲マンションなど建物自体を所有されている方は、「建物」と「家財」の双方を対象として保険に加入できます。賃貸住宅にお住まいの方は、ご自身の所有されている「家財」が保険の対象となります。「建物」については、所有者である家主が通常、火災保険に加入します。

(2)所在地はどこですか。
所有者は誰ですか。

保険料は所在地により異なることがあります。また、保険金を受け取りいただける方は、保険の対象の所有者の方となります。

(3)建物の用途は?

建物の用途・形態(専用住宅/共同住宅/併用住宅)または建物内で行われている職作業(事業)により、ご契約いただける火災保険の種類や保険料が異なります。
*
「専用住宅:住居のみの用途に使用される建物」「共同住宅:住居のみの用途に使用される2戸室以上の建物(マンション、アパート等))」「併用住宅:住居の用途と、店舗・事務所等の事業の用途に併用される建物」

(4)地震保険の加入を希望されますか。

火災保険だけでは、地震による火災損害は補償されません。
地震保険は(居住用の)建物または家財を保険の対象にすることができ、地震・噴火・津波を原因とする火災・損壊・流失による損害を補償します。

(5)建物の構造は?

保険の対象となる建物(または家財等を収容する建物)の構造や面積によって、保険料が異なる場合があります。
(6)保険の対象の評価方法は?
評価額は?

評価額は、保険金額(ご契約金額)を決定するための基準や損害保険金をお支払いする際の基準となります。
*
評価額の算出基準には「再調達価額(新価)」と「時価額」があります。
再調達価額・・・保険の対象である建物や家財を、修理、再築・再取得するために必要な額をベースにした評価額です。
時価額・・・再調達価額による評価額から、経過年数による減価や使用による消耗分を差し引いた額をベースにした評価額です。
「再調達価額(新価)」でのご契約をおすすめします。

(7)いくら保険をつけますか。

保険金額(ご契約金額)は、事故の際にお支払いする損害保険金の上限額です。
保険金額(ご契約金額)は保険の対象の評価額に相当する金額で設定することが重要です。
(ご注意)
「超過保険」(評価額をこえる保険金額の契約をいいます。)は保険料のムダになってしまいます。評価額をこえる保険金額を設定しても、保険金は評価額が上限となります。
「一部保険」(評価額を下回る保険金額の契約をいいます。)の場合、事故の際、十分な保険金をお受け取りいただけないことがあります。
他の火災保険契約・共済契約・地震保険契約がないかを確認する必要があります。
複数の保険契約がある場合には、保険金のお支払い方法が異なります。また、契約条件によってはご契約できない場合があります。

(8)どんな火災保険を希望されますか。

ひと口に火災保険といってもたくさんの種類があります。火災保険は「火事で家が焼けてしまったとき」だけではなく、落雷、破裂・爆発、台風などの損害も対象となります。さらに、水害や盗難、保険事故の際に生じるさまざまな費用についても総合的に補償する商品もあります。
このように、補償の範囲は商品によって異なりますので、商品の選定にあたっては、どのような損害が補償されるかを確認する必要があります。
せっかく加入した保険で、万が一のときに補償されないのでは意味がありませんので、補償範囲の広い商品にご加入することをおすすめします。

(9)どんな特約を希望されますか。

特約(オプション)により、お客さまのニーズにあった補償を自由に追加することができます。
火災保険の特約(オプション)には火災の損害を補償するものだけではなく、日常生活の万が一の事故まで補償するものもあります。
お住まいの形態により想定されるリスク(危険)が異なるため、それに対応する必要な特約(オプション)も異なります。
例えば、賃貸住宅にお住まいの方は、賠償責任などに対する備えが重要ですので、「個人賠償責任担保特約」、「借家人賠償責任担保特約」、「修理費用担保特約」の付帯をおすすめします。また分譲マンションにお住まいの方におすすめの特約(オプション)は、「個人賠償責任担保特約」、「共用部分修理費用担保特約」などです。

(10)補償の期間(保険期間)をどれだけにしますか。

火災保険の通常の保険期間は1年間となっていますが、2年から36年までの長期契約も可能です。(付帯する特約(オプション)などにより、36年まで契約できない場合があります。)

(11)保険料の払込方法は?

保険料のお支払い方法には、一般的には大きく分けて、「一括払」と「分割払」があります。「分割払」は保険料を12回に分割してお支払いいただく方法です。
(12)建物の性能や設備等は? 建物の性能や設備等によっては、割引が適用される場合があります。

posted by 田中 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 火災保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

火災保険の対象となるもの

mokuteki.jpg火災保険の対象となるものは?

板橋区にあります保険代理店の田中です。
火災保険の対象となるものについてご説明します。


保険をつける対象となるものを「保険の目的」といい、ご契約の際にこの保険の対象を特定する必要があります。

個人のお客さまの場合、保険の対象はご自身が所有する住居として使用される「建物」と「家財」になります。

建物に火災保険をつけただけでは家財の損害は補償されません。このように、保険の対象に特定されていないものが損害を受けても一切補償されませんので、注意が必要です。

それでは、一般的な、「住宅総合保険」、「住宅火災保険」を例に、保険の対象の範囲について見てみましょう。


■特別の取り決めがない限り保険対象のもの
住宅総合保険、住宅火災保険とも、特別の取り決めがない限り以下のものも含まれます。

【建物を保険の対象とした場合】
・門、へい、かき、物置、車庫その他の付属建物
・畳、建具その他の従物、電気、ガス、冷暖房設備その他の付属設備


【家財を保険の対象とした場合】
・被保険者と生計を共にする親族の所有する家財で保険証券記載の建物内収容のもの


■明記すれば保険の対象に含まれるもの
家財を保険の対象とする場合、保険証券に明記(契約時に申込書に明記)すれば、保険の対象に含まれるものを「明記物件」といいます。これらは、保険の対象を家財としただけでは補償されませんので、補償をご希望される場合は必ず申し出のうえ、申込書に明記する必要があります。

・1個または1組の価額が30万円をこえる貴金属、宝石、書画、骨とう、彫刻物その他の美術品など

・稿本(本などの原稿)、設計書、図案、証書、帳簿その他これらに類するもの






posted by 田中 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 火災保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

ゴルフ用品の盗難事故で注意すべきことは?

gorufu.jpg損保ジャパン 代理店ユトライフの田中です。



Q.用品の盗難事故で注意すべきことは何ですか?


A.支払の対象となるのは、ゴルフ場構内、或いは日本国内のテニス施設内で発生した盗難事故のみです。

紛失・置き忘れについては支払えませんので、警察の盗難届出証明書を取り付け、盗難事故であることを確認する必要があります。(証明書が発行してもらえない場合には、届出警察署名・届出年月日・受理番号を確認します。)

担保する用品とは、ゴルフクラブあるいはテニスラケット等の用具および被服類(靴も含みます)です。時計・宝石・貴金属等は不担保です。ただし、ボ−ルの盗難は他の用品と同時に盗難に遭った場合に限り支払います。






posted by 田中 at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ・レジャーの保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

個人賠償責任保険Q&A

bare-bo-ru.jpg損保ジャパン 代理店ユトライフの田中です。

私たちが日常生活上、他人に対してケガをさせたり、人のモノを壊してしまった場合に役立つ個人賠償責任保険。実際にどういう時に使えるかQ&A方式で見ていきます。

Q1.バレーボール中に友達の眼鏡を割ってしまいました。
眼鏡の修理代は個人賠償責任保険で支払えますか?


A.スポーツ中の事故は著しいルール違反、危険なプレーがない場合は、賠償責任は発生しないと考えられています。よって、この質問の場合も、危険なプレーをしていないのに友達にぶつかって眼鏡を壊してしまったならば、正当業務行為であり賠償責任はないと考えられ、保険金の支払対象にはなりません。


Q2.ママさんバレーのプレー中、レシーブをしようとしたところ他の選手とぶつかり負傷させた

A.Q1と同様に賠償責任はないと考えられ、保険金の支払対象にはなりません。


Q3.テニスをしていたところ、打ったボールが相手の目にあたった。

A.保険金の支払対象にはなりません。


Q4.ゴルフ場構内で、クラブを振るべきでないところで振っていて、通りがかりの人にクラブがあたり負傷させた。

A.スポーツ中ではあるが、被保険者(クラブを振っていた人)にクラブを振る際周囲を確認していないという過失があるため保険金の支払対象です。


Q5.犬の散歩をしているとき、犬が急に車道に飛び出しました。運転者がびっくりしてハンドルをきったら、反対側のガードレールに接触し、車がこわれてしまいました。飼い主が修理代を請求された場合、個人賠償責任保険で支払えますか?

A.犬には首輪がされていたかなど、状況にもよりますが、被保険者の犬の管理に不注意があれば賠償責任が生じ、保険金の支払対象です。犬の散歩中、他の犬とじゃれあってかみつき、相手の犬にケガをさせてときも同じように考えます。しかし、どちらの場合も過失相殺の可能性があります。


実際の事故においては、具体的なルール違反や危険な行為がなかったかどうか、事故状況についてできるだけ詳しく把握することが大事ですね。


ワンランク上の男に!メンズラグジュアリー満載!




posted by 田中 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 賠償責任保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

保険と共済の双方に加入している場合の支払いは?

kaji3.jpg損保ジャパン 代理店ユトライフの田中です。
火災保険と火災共済の双方に加入している場合の支払いはどうなるかご存知ですか?

まずは、保険と共済の違いについて見てみましょう。


■共済とは 
共済とは一定の地域や職場で繋がる者で構成される団体において、構成員が掛け金を拠出し、不慮の事故によって生じた経済的損失を相互に救済する制度であり、保険の制度と類似したものとなっています。なお、共済事業には法令上の根拠を持つものと持たないものが存在しています。


■保険と共済の相違
一般に保険事業と共済事業の相違は、
@契約者成員の資格の制限とその同質性の有無(共済事業は、職域、地域、宗教等を同一にする団体によって営まれる。)
A事業規模の大小
B掛金算出方法の科学性の有無
C給付反対給付相当の原則の有無
D募集組織の有無
E相互扶助精神の濃淡(危険選択の有無を含む。)

等にあると従来されてきたが、これらの基準は相対的なものであって、あくまでも一つの目安にすぎません。

現実にも、現在各種の組合によって行われている共済事業の中には、全国共済農業協同組合連合会の『農協共済』、全国生活協同組合連合会の『県民共済』および全国労働者共済生活協同組合連合会の『こくみん共済』のように、前述の判別基準に照らせば、相当保険事業的色彩が濃く、加入者数も全国的に相当な数にのぼって、民間保険事業と競合関係にあるものもあります。


■共済は事業安定性に一抹の不安が残る?
保険業法は、これらの共済事業については規制の対象としていません(保険業法2条1項)。保険会社に対しては保険業法等によって厳格な規制が加えられていますが、共済組合等に対してはその根拠法により規制状況はまちまちであるのです。また、共済はその支払い能力が法的に担保されていないことなどから、保険と比べて一般的に事業の安定性に一抹の不安が残ります。



■共済契約と保険契約の関係
共済契約は原則として保険契約とは別のものであり、共済給付金は保険金とは別個に支払われるものであります。しかしながら、全共連(農協)の自賠責共済のように自賠責保険と全く同じ内容のものもあり、その他でも両者はほとんど類似の機能を果たすものも多いです。したがって、定額払の契約は別として、実損害を補償する契約については公平の観点から重複保険と同様な調整をする必要があるのではないかと考えられる局面が出てくることになります。

このことに関し、自動車保険と自賠責保険、火災保険について整理すると次のようになります。

■自動車保険と自賠責保険の場合は?
自動車保険と自賠責保険は前者が後者の上乗せ保険として機能するものでありますが、この関係は自動車保険と自賠責共済、自動車共済と自賠責保険の間でも同じ取扱いになります(たとえば、自家用自動車総合保険普通保険約款賠償責任条項1条、13条)。

通常はまず先に自動車保険で被害者に一括払いした後に保険会社間で自賠責保険に対する求償が行われるが、一方が保険、他方が共済の場合に、損害保険会社と全共連との間では被害者に対する補償がスムーズに行われるように相互に一括払いの取扱いがなされています。

また、保険金や給付金を支払うべき自動車事故が発生した場合に、同一危険を補償する内容で自動車保険と自動車共済双方に付けられているときは、自動車保険約款の重複契約に関する規定(たとえば、自家用自動車総合保険普通保険約款一般条項18条では「他の保険契約等」として共済も含められる規定となっている。)により、自動車共済と支払い分担されることになっており、全共連以外の共済との間でも分担支払いが行われています。


■火災保険の場合は分担支払い?
これに対して火災保険の場合には、「他の保険契約がある場合の保険金の支払い額」の対象となる共済が中小企業等協同組合法に基づく火災共済協同組合との間に締結さ火災共済契約に限定されて明示されており(たとえば、住宅総合保険普通保険約款33条)、重複する契約がこれに該当する火災共済契約(各県の火災共済協同組合、全国味噌火災共済協同組合、全国製綿火災共済協同組合の火災共済契約)の場合は、分担支払いが行われます。

しかしながら、これら以外の火災共済契約(たとえば、全労済や農協共済の共済契約)については他の保険契約とはみなされていないので、原則として支払い分担は行われません(ただし、保険会社や約款により違い、損保ジャパンの新火災保険普通保険約款では第20条において「共済契約」全般を他の火災保険契約とみなして取り扱っている)。

共済側で支払い分担の規定を設けているものもあり、また仮にそのような規定のない場合においても、補償内容の重複する保険契約と共済契約が存在していたことが分かった場合には、不当利得(民法703条、704条)の防止の観点から調整することは必要であるでしょう。

なお、傍論ではありますが、譲渡担保設定者が損害保険会社の火災保険契約を付け、譲渡担保権者が全共連の建物更生共済契約を付けていた場合において被保険利益は双方にあるとされた判例(最判平5・2・26判タ817-170)では、これらの保険契約と共済契約が支払い分担の行われる契約ではないにもかかわらず、裁判所は重複契約の調整が行われることを前提とした判断をしていると考えられ、一応参考になります。



■無認可共済への対応(保険業法の改正)
根拠法のない共済については、免許手続が不要でありニーズに即応して容易に設立できる一方、行政による監督が行き届かないため、近年では詐欺まがいの共済が出現し刑事事件となるケースも現れています。

このような状況から、保険業法が改正され、2006年4月から施行されることとなりました。改正保険業法では、無認可の共済は、対象者が特定の者に限定されている共済(例えば企業がその従業員に対して行うもの)と、それ以外の無認可共済に分けられます。

前者は改正後も規制対象外となるが、後者は免許を取得して保険会社になるか、登録を行って少額短期保険事業者になるかを選択しなければならないのです(移行期間は施行日から2年間である)。

少額短期保険事業者となると、引き受けることができる保険商品につき保険期間及び保険金額において制限を受けることになるが、資本金の要件が緩和され、登録制となります。ただし、募集規制については、基本的に保険会社と同様の規制に服することとなります。



ワンランク上の男に!メンズラグジュアリー満載!



posted by 田中 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(2) | 火災保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

関東大学ラグビー対抗戦「明治 対 早稲田」に行ってきました!

07-12-02-1.jpg損保ジャパン 代理店ユトライフの田中です。

12/2の日曜に家族で、関東大学ラグビー対抗戦「明治 対 早稲田」に行ってきました!

FW5番の杉本 晃一(3年)は私のいとこで、3人兄弟がみんな大阪工業大学高校ラグビー部のキャプテンで明治大学に行っています。長男は卒業しましたが、次男の晃一、三男の博昭はがんばっています。

残念ながら試合は負けましたが生で見るとやっぱり興奮度合いが違いますよね〜。

syoukadoubenntou.jpg叔父さん(3兄弟の父)は毎年応援観戦に招待してくれます。感謝!
試合前に青山月亭で松花堂弁当をご馳走になりました。お昼からお酒を飲みながらおいしいものを食べる・・・。最高でした!

また来年が楽しみです!






posted by 田中 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。