三井住友カード

2008年04月04日

運転者限定特約における運転者の範囲とは?

運転者限定特約における運転者の範囲とは?


板橋区にあります保険代理店の田中です。

お車を運転されるのが、ご自身のみの場合や、奥様と2人だけで、他人には運転させない!

という方は、運転者限定特約を付帯すれば保険料がお安くなります。


1.家族限定の場合

・記名被保険者
・その配偶者(内縁を含む。以下同じ)
・これらの者の同居の親族
・これらの者の別居の未婚の子



<参考>

1.「親族」とは、記名被保険者の6親等内の血族、配偶者および3親等内の姻族をいいます。(民法725条)

2.「同居」とは、同一家屋に居住していれば足り、生計,婚姻関係の有無は問いません。(ただし、短期間の出稼ぎなどによる一時的別居は同居に含みます。)

3.就学のために下宿している子は、住民票記載の有無にかかわらず別居として扱います。

4.「未婚」とは、結婚の経験がないことをいいます。

5.「子」とは、離婚した妻に引き取られた子供や、配偶者の連れ子、養子に出した子供(※)などを含みます。
 (※)ただし、特別養子縁組により養子に出した子供は除きます。

【参考】
養子縁組…養子は実親に対しても養親に対しても親子関係をもちます
      (実親と同居している場合には同居の親族に該当する)

特別養子縁組…養子と実親との親族関係は終了し、戸籍上も養親の実子であるように表示されます
      (実親と同居していても同居の親族には該当しない)

また配偶者の連れ子は養子縁組をしなければ相続人とはなりません、養子縁組をしないで配偶者と離婚した場合は、配偶者の連れ子は「子」に当たらなくなります。





2.「本人・配偶者」限定の場合

・記名被保険者
・その配偶者(内縁を含む。)



posted by 田中 at 17:30| Comment(39) | TrackBack(1) | 自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

地震保険 総支払限度額の引き上げへ!

地震保険 総支払限度額の引き上げへ!

板橋区にあります保険代理店の田中です。

08年4月1日から、地震保険の総支払限度額が
5兆円から5兆5千億円に引き上げられましたのをご存知ですか?


1.総支払限度額の引き上げ  
1回の地震等による損害保険会社全社の総支払限度額が、
5兆円から5兆5千億円に引き上げられました。


改定前限度額     改定後限度額
5兆円     →    5兆5千億円
    

2.実施日
  2008年4月1日

3.引き上げの背景
地震保険の総支払限度額は、関東大震災規模の地震が再来しても 不足することがないよう毎年検証を行っています。(不足が発生した場合は、削減払となることがあります。)
総支払限度額は、05年4月に4兆5千億円から5兆円に引き上げられましたが、その後の契約件数・平均保険金額の増加等により、今般再度引き上げられるものです。



 【参考】総支払限度額の概要
<1>総支払限度額
地震災害の特性から、巨大災害が発生した場合の政府および保険会社の負担限度額を一定の金額に定め、それを超えた場合は、保険金を削減して支払うことがあります。
(地震保険に関する法律第4条、地震保険普通保険約款第6条に規定)

<2>支払保険金が削減される場合の計算方法
       
支払保険金=算出された保険金の額×5兆5,000億円
                    算出された保険金の総額



posted by 田中 at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。