三井住友カード

2007年11月08日

「損害保険料控除の廃止」と「地震保険料控除の新設」

nennmatutyousei.jpg損保ジャパン 代理店ユトライフの田中です。みなさんも年末調整の書類を提出された頃だと思いますが、平成19年分から、損害保険料控除は廃止され、地震保険料控除が新設されましたのでお知らせいたします。従来の損害保険料控除では火災保険や傷害保険等も控除の対象でしたが、今後は地震保険のみが対象となります。地震保険料控除は最高50,000円を限度として対象保険料の全額が控除となります。


【地震保険料控除額】
  適用時期 地震保険料控除額
所得税 平成19年度分以後 年間払込保険料の全額 最高50,000円
住民税 平成20年度分以後 年間払込保険料の1/2 最高25,000円

【地震保険料控除の新設はどう影響する?】
基本的に地震保険に加入していなければ対象となりませんので、地震保険の加入をしていない人にはメリットがないということになります。しかし、もともと短期の損害保険料控除額は「最高でも3,000円」ですので生命保険料控除に比べると金額が少なく、その意味では地震保険に加入することによる税金関係のお得度は増えたと言えるのではないでしょうか。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。