三井住友カード

2007年11月12日

保険金受取人

keiyaku.jpg損保ジャパン 代理店ユトライフの田中です。保険金受取人についてご説明します。
保険に加入することは、万が一の時の経済的リスクに備えるためですが、万が一のことが起こったとき、あなたが残してあげたい人が保険金を受け取ることができなければ、大変ですよね。

通常、保険金の受取人は2つに分類されます。

■給付金
被保険者が入院や手術したときなどに受け取るお金。
指定しなくても、被保険者本人が受取人になることが多いです。

■保険金
被保険者が死亡・高度障害状態のとき受け取るお金。
原則は、2親等以内の人を契約時に指定します。

【死亡保険金】
受取人を決めるのも、変更するのも、権限はすべて契約者になり、通常は、被保険者の2親等以内を指定することとなります。一番多いケースは、本人が契約者と被保険者になり、受取人を別の人(両親や妻など)にするケース。
シングルの人は、両親のどちらかを、結婚なさっている方は、お互いにクロスで保険金の受取人になるケースが一般的です。

【保険金受取人についての注意点】
例えば独身のときに、両親のどちらかを受取人として生命保険に加入して、その後、配偶者に受取人を変更するのを忘れてしまうと、被保険者が亡くなっても、配偶者は死亡保険金を受け取ることができず、両親のどちらかが受け取ることとなります。
あるいは、妻を受取人として生命保険に加入した後、離婚をして、別の女性と再婚した男性が、生命保険の保険金受取人を変更するのを忘れると、万が一の場合は、再婚した女性ではなく、離婚した前妻に支払われることになりますので注意が必要です。
生命保険を見直す場合は、こういった保険金受取人が誰になっているかを見直すことも重要なのです。


ラベル:保険金受取人
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。