三井住友カード

2007年12月23日

火災保険の対象となるもの

mokuteki.jpg火災保険の対象となるものは?

板橋区にあります保険代理店の田中です。
火災保険の対象となるものについてご説明します。


保険をつける対象となるものを「保険の目的」といい、ご契約の際にこの保険の対象を特定する必要があります。

個人のお客さまの場合、保険の対象はご自身が所有する住居として使用される「建物」と「家財」になります。

建物に火災保険をつけただけでは家財の損害は補償されません。このように、保険の対象に特定されていないものが損害を受けても一切補償されませんので、注意が必要です。

それでは、一般的な、「住宅総合保険」、「住宅火災保険」を例に、保険の対象の範囲について見てみましょう。


■特別の取り決めがない限り保険対象のもの
住宅総合保険、住宅火災保険とも、特別の取り決めがない限り以下のものも含まれます。

【建物を保険の対象とした場合】
・門、へい、かき、物置、車庫その他の付属建物
・畳、建具その他の従物、電気、ガス、冷暖房設備その他の付属設備


【家財を保険の対象とした場合】
・被保険者と生計を共にする親族の所有する家財で保険証券記載の建物内収容のもの


■明記すれば保険の対象に含まれるもの
家財を保険の対象とする場合、保険証券に明記(契約時に申込書に明記)すれば、保険の対象に含まれるものを「明記物件」といいます。これらは、保険の対象を家財としただけでは補償されませんので、補償をご希望される場合は必ず申し出のうえ、申込書に明記する必要があります。

・1個または1組の価額が30万円をこえる貴金属、宝石、書画、骨とう、彫刻物その他の美術品など

・稿本(本などの原稿)、設計書、図案、証書、帳簿その他これらに類するもの






posted by 田中 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 火災保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

火災保険の失火責任法
Excerpt: 類焼(もらい火)の被害者となった場合、誰の保険で補償するのでしょうか。 「そりゃ~火事だから、最初に火を出した人(失火者)が責任を取るべきだろう」 と思ってしまいますが、実はこれが違うのです。通常..
Weblog: 理解しやすい火災保険・地震保険の簡単説明
Tracked: 2008-06-16 16:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。