三井住友カード

2008年01月29日

保険契約者・被保険者って誰?

keiyaku.jpg保険契約者・被保険者って誰?


板橋区にあります保険代理店の田中です。
みなさんが保険にご加入される際、保険証券や約款などで「保険契約者」「被保険者」という言葉をご覧になることがあると思います。両者はそれぞれ誰を指すのでしょうか?

保険契約者とは

保険会社に対してご自分のお名前で保険契約の締結を行い、保険料をお支払いいただく方のことです。保険契約上の様々な義務・権利を持ちます。


被保険者とは

ご契約いただいた保険の補償を受けられる方または保険の対象となる方のことです。自動車保険では、ご契約のお車(被保険自動車)を日常主に使用される方を、特に「記名被保険者」として、保険申込書の賠償被保険者欄に指定していただきます。記名被保険者は、保険証券の賠償被保険者欄に記載されることになります。

一般に被保険者の範囲は、この記名被保険者を中心として、記名被保険者と密接な関係のある一定の範囲の方や記名被保険者から許可を得て車を使用する方が被保険者となります。

例えば、対人・対物賠償保険の被保険者の範囲は約款上どう指定されているか見てみましょう。



対人・対物賠償保険の被保険者の範囲

記名被保険者
被保険自動車を使用または管理中の下記いずれかに該当する方
・記名被保険者の配偶者
・記名被保険者またはその配偶者の同居の親族
・記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚の子

記名被保険者の承諾を得て被保険自動車を使用または管理中の方(*1)
記名被保険者の使用者(*2)
*1
自動車修理業者等のモータービジネス業者が業務として受託した被保険自動車を使用または管理している間を除きます。
*2
記名被保険者が被保険自動車をその使用者(会社)の業務に使用している場合に限ります。
上記は賠償保険の対象となる方ですが、車両保険では異なります。 「物保険」である車両保険では、被保険自動車の所有者が被保険者となります。



このように、自動車保険では補償の内容により被保険者の範囲が異なります。被保険者の範囲は各補償ごとに約款に記載されています。一度ご覧になるとお分かりいただけるかと思いますが、被保険者の範囲は記名被保険者を中心に決まることが多いため、誰が記名被保険者になるのかは保険契約上、重要な事項です。

記名被保険者になっていらっしゃるご主人の単身赴任や、お子様のご結婚などの際は、被保険者の範囲に変わりがないか注意しましょう。


posted by 田中 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。