三井住友カード

2008年04月01日

地震保険 総支払限度額の引き上げへ!

地震保険 総支払限度額の引き上げへ!

板橋区にあります保険代理店の田中です。

08年4月1日から、地震保険の総支払限度額が
5兆円から5兆5千億円に引き上げられましたのをご存知ですか?


1.総支払限度額の引き上げ  
1回の地震等による損害保険会社全社の総支払限度額が、
5兆円から5兆5千億円に引き上げられました。


改定前限度額     改定後限度額
5兆円     →    5兆5千億円
    

2.実施日
  2008年4月1日

3.引き上げの背景
地震保険の総支払限度額は、関東大震災規模の地震が再来しても 不足することがないよう毎年検証を行っています。(不足が発生した場合は、削減払となることがあります。)
総支払限度額は、05年4月に4兆5千億円から5兆円に引き上げられましたが、その後の契約件数・平均保険金額の増加等により、今般再度引き上げられるものです。



 【参考】総支払限度額の概要
<1>総支払限度額
地震災害の特性から、巨大災害が発生した場合の政府および保険会社の負担限度額を一定の金額に定め、それを超えた場合は、保険金を削減して支払うことがあります。
(地震保険に関する法律第4条、地震保険普通保険約款第6条に規定)

<2>支払保険金が削減される場合の計算方法
       
支払保険金=算出された保険金の額×5兆5,000億円
                    算出された保険金の総額



posted by 田中 at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

地震保険は本当に必要なのか?

jisinn1.jpg損保ジャパン 代理店ユトライフの田中です。地震保険は本当に必要なのでしょうか?
地震保険について考えたいと思います。

【地震保険の補償内容、保険料、保険金支払い方法】
■ 補償内容
単独で加入出来はない。必ず火災保険に付帯して契約する。
補償額は火災保険の30%〜50%の間で任意に設定。建物5,000万円、家財1,000万円限度
仮に建物や家財が全壊・全焼しても最大で半分しか補償はない。
■ 保険料
地域と建物の構造で異なる。
建築年割引、耐震等級割引などの割引制度がある。
■ 保険金の支払い
地震保険金の支払方法は「全損・半損・一部損」の3タイプのみ。
一部損の場合は保険金額(時価)の5%を限度としての支払い。
地震や噴火、津波による火災(延焼・拡大した損害を含みます。)は、火災保険では補償されません。


【保険料が高いから加入率が低いとは限らない?】
参考に最も保険料の高い東京都で木造住宅(C構造)の場合の年間保険料を見ると、住宅総合保険 建物2,000万円・地震1,000万円で「建物29,800円 地震31,300円」で補償額に比べ地震保険料は倍以上になります。しかし神奈川県の地震保険加入率は26.0%(2004年度)と全国平均(18.5%)を上回っています。

【なぜ地震保険には不利なことが多いのか?】
条件を見ると悪い面が多いように感じます。これは地震の特性にも関係しているのですが、大地震が発生すると広い地域に大きな被害がでます。数多くの人に同時に多大な損害がでるため保険として取り扱うのが難しい側面があるのは事実です。そのため通常の保険と異なり地震保険はその引き受けや支払いにも国が関与している仕組みになっています。

【地震保険は本当に必要なのか?】
単純に地震保険が必要かと聞かれれば、私は必要だと思います。地震保険に限らず簡単に保険料が高いからというのは無責任で、万が一の時に保険が役立った経験をした人にしか分かりません。大地震はない方がいいですが、何もないと保険料が馬鹿馬鹿しく感じてしまうのも事実です。しかし、震災後の復興は預金など他の資産で賄えるのか、地震保険の助けが必要なのかは個々人の環境や考え方、価値観が大きく関わるでしょう。建物が全壊し、保険金が支払われても同じ家を建てるだけはありません。それでも住宅ローンなどが残っていたり、教育費が必要な状況の場合、家計はこれらの負担に耐えることができるでしょうか?賃貸するにしても一時的にお金は必要です。何もかも失ったときにでてくる保険金は同じ家は買い直せなくてもあなたにとってどの位大きなものでしょうか?今一度、地震が起こる前にこれらのことを考慮して自分には本当に「地震保険」が必要なものなのかを家族と相談しながら考えてみてください。

ラベル:地震保険
posted by 田中 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。